鮭の酒びたし

鮭の酒びたしは村上名産の塩引鮭をおよそ半年間乾し上げたものです。

鮭の食文化が根付いている村上の高級名産「酒びたし」

酒びたし

今年の鮭の酒びたしが、半年かけてやっとできあがりました。
「鮭の酒びたし」とは・・・
塩引き鮭を半年以上乾しあげたものを薄くスライスして
酒に浸して食べるものです。 鮭と日本酒、両方に豊富に含まれるアミノ酸で免疫力の向上し、
DHAは生の鮭の約3倍もあるらしいのです
お刺身風にお皿に移し、その上からお酒を少々かけて召し上がり下さい。
お好みによっては生姜やレモン汁を加えても、一段と風味がでて
美味しくいただけます。
村上地方に伝わる独特の高級珍味。お酒のお供にどうぞ。

鮭の酒びたし
鮭の酒びたし
塩引鮭は「旨い村上の鮭」として全国に知られています。
鮭の酒びたしはその塩引鮭をおよそ半年間、日本海の寒風にさらし、
乾し上げたものを薄くスライスしました。
この道50年、超ベテランが選び抜いた最高の秋鮭(雄鮭)を素材に
1週間ほど塩漬にした後、水出し塩抜きをして丁度良い塩加減に調整します。
次に真冬の日本海の寒風に一週間陰干しにして塩引鮭がようやく完成します。
さらに半年干しあげると鮭の酒びたしがようやく完成します。
これは鮭のまち村上の独特の製法で、伝統の技として引き継がれ味は格別です。

酒びたし
旬の秋鮭をじっくり半年間、干し上げ熟成させました。
噛みしめると凝縮された旨みが口いっぱいに広がります!

その名の通り日本酒に浸して食べるのが一般的ですが、
生姜やレモン汁でさっぱりいただくのもおすすめ。
酒の肴にはこれが一番!

酒びたし

鮭の産地で名高い新潟・村上で古くから保存食として
親しまれてきた「鮭の酒びたし」はお酒をふりかけると
一層おいしくいただけることからついた名前です。

日本海の寒風にさらして乾燥させたこの珍味は、
鮭の持ち味が程よい塩加減で生かされており、
お酒の肴にぴったり。
「鮭の酒びたし」なのにお酒が苦手な人にも人気の商品です。

鮭の酒びたしは村上名産の塩引き鮭をおよそ半年間、乾し上げたものです。
身を薄くスライスしました。

お刺身風にお皿に移し、その上からお酒を少々かけて召し上がり下さい。
お好みによっては生姜やレモン汁を加えても一段と風味がでて美味しくいただけます。
村上地方に伝わる独特の高級珍味。ご贈答用に最適です。